インプラント治療切り出した骨

再生されるのか不安

インプラントをする際に顎の骨が痩せてしまってしたりする場合、
骨を切り出して増骨する場合があります。

 

 

この場合に切り出した部分の骨がきちんと再生されるのか不安に思っている方もいるかもしれません。
もちろんインプラント治療を行う際には担当医がきちんとこの点について説明してくれますが、
ここでもその点について触れておきましょう。

 

 

歯槽骨の厚さや高さなどが足りていない部分には

  • 仮造骨延長法
  • 骨移植方
  • 粘膜移植法
などを行いながら、一生涯使うことができるインプラント治療を行うことになります。

 

 

骨を移植する際に、骨を切り出した部分はその後どうなってしまうのかと心配される方も多いでしょう。
移植に使われるのは主にオトガイや親知らずの奥の骨を細かく個形にカットして使うことになります。

 

 

骨には造骨細胞と言うものがあります。そのため常に再生を行うことができます。
骨折したときに折れた部分がより強くなってつながっていくのと同じ状態です。

 

 

特に損傷した部分と言うのは
一般的な修復スピードの倍の速さでどこ細胞が働いてくれるのでどんどんお願い再生してくれてます。
そのため、オトガイや親知らずの奥の骨を削ってしまった部分であっても、
数ヶ月もすると再生されて元通りになります。

 

 

しっかりと技術のある医師による施術であれば、
ほとんど後もなくきれいに修復されることになります。

 

 

もちろん口の中からの施術になるので、顔の表面に目立つ部分が出来る事はありません。
顔の形が変わってしまうこともありません。

 

 

インプラント歯科〜名医を紹介!〜全国対応版〜