インプラント治療後周り歯が悪くなった

他の歯についても抜歯してインプラントにしてしまう

インプラント治療を行った場合、その部分はきちんとインプラントが
埋め込まれることになるので独立して機能することになります。

 

 

それ以外の歯は天然の歯になるので、
きちんとしたお手入れができていない場合悪くなっていくことも考えられます。

 

もちろんインプラントのはもきちんとメンテナンスができていなければ劣化してしまった可能性はありますが、
天然の歯と比べるとかなり強いと言えます。

 

 

もしも周りの歯が悪くなってしまい抜けてしまった場合、
その部分に新しくインプラントを行う事は可能です。

 

 

一本から2本で始められた場合の方が、インプラントが良いということが分かった場合、
悪くなっていくかもしれない他の歯についても抜歯してインプラントにしてしまうと言う事はとても多いのです。

 

 

他の歯が歯周病などでぐらついてきてしまった場合などでは、
顎の骨が痩せてしまわないうちに早めにインプラントをすることが良いでしょう。

 

 

顎の骨が痩せてしまうとそれなりの準備期間が必要になってきます。
そうならないために早い段階でぬいてしまい、インプラントにしてしまうと言う判断をされる方がとても多いのです。

 

 

インプラント歯科〜名医を紹介!〜全国対応版〜